「嘉義車站(Chiayi Station)」~「阿里山森林鉄路」の「阿里山号」乗車まで 

f:id:tranning:20170922175539j:plain

「嘉義駅」から「阿里山森林鉄路」に乗車しました。

 

但し全線でなく、今現在運行しているのは「嘉義駅」~「奮起湖駅」までの区間だけ。

それも平日は9時発の一本のみです。

「阿里山森林鉄路」  「嘉義駅」  ~「奮起湖駅」

「嘉義車站」はまだ昔からの古い建物のままですが、近くにここも「台中車站」同様に新しく高架になるらしい。

ただ「台中」もそうですが、台湾の場合は絶対にこの古い駅舎も残すと思います。

f:id:tranning:20170922175754j:plain

f:id:tranning:20170922175823j:plain

「阿里山森林鉄路」の予約はサイトから予約が出来るとの事で、事前に予約を入れておきました。(案内画面は日本語もあるが、予約の画面が中文のみだったのが、不安でしたが)

チケットと代金は窓口でとの案内があったので、予約番号が明記してある用紙をプリントして持っていき、窓口の時間が限られているので閉っている場合は、

台鉄の窓口で受け付けてくれるとの事。

前日、嘉義に着いた時に真っ先に台鉄の切符売り場の窓口に行って、用紙を提示したら、「予約は入ってないとの事」、そして乗る列車はすでに満席と案内された。

横にあるインフォメイションデスクにも行ったが、そこで分かるはずもなく、但し親切に一緒に切符売場の窓口に掛け合ってくれました。

インフォメイションデスクの方は、明日の朝「阿里山森林鉄路」に来て確認した方がと言ってくれたが、実際に支払決済した訳でもないので、バスで行こうかと諦め、翌日早めに行ったら。。。

何とすんなりチケットを発行して貰い、支払もクレジットカードOKとの事。

料金は384TWD(約1,400円)、これで冷房車の指定席。

なのでチケットを引き換える場合は、当日の方が絶対にいいと思います。

一晩中心配していた事が取り越し苦労でした。

f:id:tranning:20170922175851j:plain

上が台鉄の切符売り場で、下が阿里山森林鉄路の窓口。

f:id:tranning:20170922175921j:plain

f:id:tranning:20170922175953j:plain

嘉義駅の構内のホームには、こんな感じの昔そのままの学校木の机、椅子が置いてあります。

f:id:tranning:20170922180026j:plain

f:id:tranning:20170922180058j:plain

f:id:tranning:20170922180528j:plain

f:id:tranning:20170922180605j:plain

f:id:tranning:20170922180810j:plain

「阿里山線」のホームは一番端ですが、この日はTVの取材班が訪れていて入線前のイベントをやっていた。

f:id:tranning:20170922180841j:plain

f:id:tranning:20170922180911j:plain

f:id:tranning:20170922180937j:plain

f:id:tranning:20170922181012j:plain

続きます。。。。。。

コメントを残す