カンボジア、タイの旅から帰って来て~アンコール遺跡群以外にも、カンボジアが辿ってきた歴史が凄い!!

f:id:tranning:20180202210111j:プレーン
プリアヴィハア

シムリップでは遺跡群だけではなく、自然も見所がかなります。

そこには必ず遺跡があったが、タイ国境のアンコール遺跡とは別に世界遺産に登録された天空の寺院「プリアヴィハア」の山頂からの光景が何と言ええなかったか。

f:id:tranning:20180202210244j:プレーン

カンボジアの中心に位置し、シムリップとプノンペンを船でも行き来が出来「トレンサップ湖」。

アンコールは訪れたのは乾季だが、各遺跡の間には濠、貯水池などがある水の都。

f:id:tranning:20180202210317j:プレーン
トンレサップ湖

f:id:tranning:20180202210519j:プレーン

f:id:tranning:20180202210548j:プレーン

f:id:tranning:20180202210614j:プレーン

プノンペンではカンボジアが今鐘歩んで来た歴史を見る事が出来ます。

アンコールの時代から、フランスの統治、ベトナム戦争、その後ろにすることはポルトポド体制での知識人、他の国民に対しては大虐殺。

その後に近代的な建物もやはり建てているプノンペンの今の姿から、あの卑劣、悲惨な行為がつ40年前に行かれていたとは…

f:id:tranning:20180202211323j:プレーン

f:id:tranning:20180202211418j:プレーン

f:id:tranning:20180202211443j:プレーン

f:id:tranning:20180202211516j:プレーン

f:id:tranning:20180202211604j:プレーン

f:id:tranning:20180202212404j:プレーン

f:id:tranning:20180202212431j:プレーン

f:id:tranning:20180202212505j:プレーン

この急成長で富裕層と貧困の差が出ているものも事実です。

カンボジアは特に色々な意味で興味を持った国の一つ、旅の途中ではどうしても報告出来ますでしたので、これからそれぞれ々に画像から紹介をして行きたいと思います。

今回の旅ではPCタブレットを持参しましたが、結局はブログは更新できます。

Facebookでのiphoneで撮影した画像に一言、二言付加える事しか出来ませんでした。

昼間は歩いて、レンタサイクルに乗ってして、夜はベットに横になったそのまま寝てしまいました朝だったという事が何度かありました。

なので自分の場合は、記事の更新が一時的にできない場合は旅に出ているか、仕事が重かっているかのどちかかです。

更新が続くている時間は、暇な時と思ってください。

これから今のカンボジアの記事に移りたいと思うのは山々ですが、まだ昨年訪問したタイのクラビの記事が途中でしたの先をそらを使ってからしたいと思うので、そちらも結構な画像がありますので先になりそうです……