「LCC格安航空会社 スクートSCOOT」を利用してでもしっかりとラウンジ利用しました~桃園国際空港「プラザ プレミアム ラウンジ」

 

f:id:tranning:20171208224005j:plain
「LCC格安航空会社 スクートSCOOT」

 利用したのはLCC 「スクート」でしたが、早朝6時台の台北発成田行きだったので夜中24時前に「桃園国際空港」に着いてから、フードコートの先のソファにて3時間仮眠。

3時半ぐらいからのチェックイン開始を今かと待ちます。

早く出国審査を終えて中でさらに3時間ぐらいありますが、ここでゆっくりとフライト時間まで過ごす為に・・・。

「スポンサード リンク」

桃園国際空港 「プラザ プレミアム ラウンジ PLAZA PREMIUM LOUNG」

f:id:tranning:20171208224219j:plain

以外にも早朝フライトはレガシーキャリア(全日空、日本航空他)でも結構あります。

f:id:tranning:20171208224247j:plain

さっさとチェックインをし、出国審査を済ませ行く就く先は・・・、そうここ「プラザ プレミアム ラウンジ」。

LCC格安航空券(成田~台北 15,000円)のチケットでも、ちゃんとラウンジの利用が出来る。

もちろん無料で・・・、「プライオリティカード」を持っているからです。

f:id:tranning:20171208224318j:plain

まず受付で搭乗券と「プライオリティカード」を提示し、先にシャワーを利用したい事を告げるとこのタオルセットとルームキーを貰いました。

ここでシャワーを浴びる事が出来るので空港泊を決断したようなもの。

自分はホテル代とか他でもかなり節約しますが、夜と朝起きてからは必ずシャワーを浴びないと気がすみません。

汗を掻いている時は、夕方ホテルにチェックインしてもまずはシャワー。

この日(正確には前日)の朝に浴びたきりで、かなりの距離を歩いたので相当に汗も掻いてましたので。

f:id:tranning:20171208224352j:plain

ふかふかのバスタオル、フェイスタオル(4星以上のホテルでないとこのタオルは付いてこない)、歯磨きセットも。

シャワールームは手前に洗面所、トイレも付いていて、ちゃんとドライヤーもあります。

f:id:tranning:20171208224442j:plain

シャワーも固定式とハンド式両方あり、シャンプー、ボディーシャンプーも備え付けてあります。

f:id:tranning:20171208224535j:plain

シャワーを浴びた後は、がっつりと食事を・・・、LCCは食事が付いていませんので。

ラウンジのシートはビジネスクラスの個室のようなのもあったり、ゆったり出来るシートも。

f:id:tranning:20171208224555j:plain

ドリンクの種類はアルコールも含め(酒はのめませんが)、かなり豊富にあります。

 

食事類はサラダ、パスタ、数種類の料理、フルーツ、デニッシュ類等々。

 

そしてオーダー式でヌードルを作って出してくれます。

f:id:tranning:20171208224703j:plain

f:id:tranning:20171208224856j:plain

f:id:tranning:20171208224928j:plain

ちょっと食事の種類がすくなかったが、これ二回目のお替り朝と昼の分も含めてたっぷりと。。。。

f:id:tranning:20171208224953j:plain

◆「プライオリティカード」

すでに何回か別のラウンジの記事でも紹介していますが、「楽天プレミアムカード」を作成すれば「プライオリティカード」の年会費を支払う必要がなく作成出来ます。

「楽天プレミアムカード」は年会費は,10、800円(税込)かかりますが、初年度は無料なので最初の1年間は何と無料で各空港のラウンジが利用出来てしまいます。

楽天市場の買い物はポイントが5倍、そして海外傷害保険が付いています。

死亡保険、後遺障害保険金は最高5,000万円。傷害治療保険金は最高300万円、携行品損害保険金は年間最高50万円、救助者費用保険金は最高200万円と、 日本出国の前日から入国の翌日までの最長90日間自動的に保証される自動付帯保険が付いている。

2年目から年会費10,800円かかりますが、年数回海外に行く方はこれでもお得、自分はラウンジ利用だけで完全に年会費の元は取っています。

まだこのカードをお持ちでない方は、是非こちらからお申込みください。

↓↓↓

楽天カードでポイント生活はじめよう!

*この台湾旅行での最終日に使った費用は、成田から自宅までの交通費のみ。

以上で大変長い間にわたって勝手に綴らせて戴きました、「台湾 台北~高雄西部幹線鉄道の旅」のレポート終わらせて頂きます。

次回からはタイの旅のレポートの続きがありましたので、またしつこくお送り致しますが実は2018年年明けに、もちろん正月が過ぎてから航空券が安くなってからですが、またまたインドシナ方面ですが(時間はあるのですが、お金が貯まらないので)行ってきます!!